27才位って、結婚するのにそんなに大切な年齢?」|京都の結婚相談所LAZO(ラソマリッジ)
  1. HOME
  2. 代表ブログ
  3. 27才位って、結婚するのにそんなに大切な年齢?」

代表ブログ

2015/10/09

27才位って、結婚するのにそんなに大切な年齢?」

つながりCafeLAZOマリッジアドバイザーの矢野嘉子です。

 

 


 このBlog読んでくれてる方の年齢、おいくつ位でしょうか?

 多分、27才というのは若いほうなんでしょうね?

「もう過ぎちゃってます!」「遥か昔ね…」って方のほうが多いのかも?

 


 結婚適齢期…今時、死語ですか?

 昔の適齢期と言えば男性27~29才、女性23~25才ってとこでしょう。

 女性はクリスマスケーキに例えられ、「25日(25才)過ぎたらもう売れないよ!」って言われた時代です。

 27才でもう?って思われる方もたくさん居られると思いますが、27、8才で結婚、30才前後に出産、子供が自立するだろう頃の自分の年齢が56才前後……

 


 そう適齢期ってのは、これからの人生で起こること
(出産、子育て、親の介護etc.)に一番力が発揮できる年齢を逆算して出た時期なんです。

 


 そんな計算通りいかないでしょ! と言われるかもしれませんが、30代になってからでは、できる事とできない事が出てくることがあるということです。

 


 結婚したいなら、このような事も考えて、しっかり婚活して欲しいのです。

 


 今の時代、うかつに結婚の話をしたらパワハラと言われたり時代は変わったとかで、若者が晩婚未婚になってきていても関わるのが難しくなってきました。

 


 そう、結婚するしないは自己責任、先に起こるであろうことを知ろうが知らないが、干渉されない代わりに放っておかれてるという状況ですね。

 


 今のままの若さが続き、周りも変わらなければそんなこと考えなくてもいいことかもしれませんが、そんなことはあり得ません。

 

 私が27才前後という年齢を取り上げるのは、人生計画を考えた時に、一度立ち止まって結婚について考える、もってこいの年齢だからです。

 

 

 

           次回は「30代、40代の婚活の実情と実績」です。

ページトップへ