結婚相談所って『最後の砦』⁉️|京都の結婚相談所LAZO(ラソマリッジ)
  1. HOME
  2. 代表ブログ
  3. 結婚相談所って『最後の砦』⁉️

代表ブログ

2016/07/04

結婚相談所って『最後の砦』⁉️

つながりCaféLAZO マリッジアドバイザーの矢野嘉子です。

 

 

よく結婚相手探しの最後の砦が結婚相談所と言われますが、本当にそうなのでしょうか?

 

まず20代前半は、 婚活と言うより“結婚” というのも漠然としていて、出会いを求めとりあえずデートしてみて、いい人ならお付き合いしてみようかな〜 の恋活の世界ですね。

 

この様な出会いで結婚まで至るのは、言うまでもなくよっぽどご縁があった方々でしょう。

 

2、3ヶ月に一度のペースで会ってても、「お付き合いしてる人が居ます。」という人がいます。     それが数年続いてるケースもあります。

 

遠距離ならともかく、そういうのはお付き合いとは言わないと思うのですが、お互い普段は好きな事をしてたまにいい時に会ってるだけでも、プライドなのか、勘違いなのか、それが今の常識なのかわかりませんが、いつか自然に二人が結ばれるなんてことはドラマの中の事ですね。

お互いに結婚を視野に入れてないお付き合いならそれはそれでいいのかもしれませが…

 

そして20代後半に入り、チラホラ結婚する友達が出てきて、特に男性は27才前後に第一次ピークが来ます。  

 

年齢差のあまりない学生時代から付き合ってた同級生カップルがケリをつける時期、出産年齢を考えてる女性や、男性もそれなりに人生計画して結婚に至ったケースです。

 

中には授かり婚で結婚に至る場合もありますが、 妊活する事を考えれば、周りのフォロー付きならよりおめでたい事だと私は思っています。

 

後は決心だけだったカップル、それがキッカケになって二人の気持ちが固まったカップルは素敵ですが、いわゆるできちゃった婚と呼ばれる類の結婚は、後が続かないことも統計で出ています。

 

 

次に30代前半、 この年齢が最も婚活してる人口が多いと思いますが、34、5才にもなると優先順位のトップには結婚を持ってこなかった方々なんでしょうね。

 

この時代選択肢がありすぎて、いつか結婚したい程度の気持ちでは、結婚が後回しになってしまう事が晩婚、非婚の原因になっています。

 

仕事が忙しいとか、一人が気楽だとか、出産年齢を意識して来なかったとか、知らず知らずに類は友を呼ぶ環境になってきます。

 

男女共どんな環境に居るかはとても大事で、周りに結婚してない人がウヨウヨ居る、結婚してる知り合いがあまり幸せそうではない、そういう環境に居ると自分も大抵その類に染まっていきます。

 

この事は以前にも書きましたが、結婚したかったら「結婚したい!」 「結婚してる人は幸せそう…」などのイメージの仲間と一緒に居ないと、周りの“気からも良いご縁を引き寄せません。

 

 

そこでいつかは絶対に結婚したいと思ってる30才以降が、それを手に入れるにはどうしたらいいのでしょう?

 

 

次に続きます。

 

 

ページトップへ