現アラサーの2人に1人が結婚できない(しない)時代|京都の結婚相談所LAZO(ラソマリッジ)
  1. HOME
  2. 代表ブログ
  3. 現アラサーの2人に1人が結婚できない(しない)時代

代表ブログ

2018/03/15

現アラサーの2人に1人が結婚できない(しない)時代

現アラサーの2人に1人が
結婚しない (できない) 時代になってきました。

 

自分は結婚したいと思ってても、
生涯独身で終わらざるをえない人が
これからウヨウヨたくさん出てきます。

 

それはそれでしょうがないんじゃないって
思う人もいるかもしれませんが、
婚活の現場を目の当たりにして、
今何をどうすべきかを
伝える役目は担ってると思っています。

 

婚活のリアルを知り
優先順位を考えて、
しっかり行動することが、
必ず後悔しない人生に繋がります!

 

長い人生、その時期、その時期で
目標は変わっていきます。
この目標を目指すプロセスで、
何を学ぶかが大切なことです。

 


「周りは独身が多い」と思ってるアラサーの方々は
独身が集まってる所を自分の生活の場としています。

 

“類は友を呼ぶ”です。

 

30代前半女性の未婚率は33%、3人に1人

一度も結婚してない女性は22%、5人に1人

 


同世代の女性がランダムに5人集まったら
結婚したことがないのは自分だけ…
ってことになったりします。

 


「愚者は経験で学び、賢者は歴史に学ぶ」
という言葉もあります。

 


経験も大事ですが、
“時代が変わろうと変わらないものは何か?」を
知ろうとしてみてください。

 

今まで育ててくれた親に安心してもらうためには?
「親のために結婚しよう!」と思うのも
真剣に結婚を考えるキッカケの一つです。

 

自分の幸せを他人で満たそうとしない!
自分は相手に何ができるか?
相手に何を与えれるか?
結婚とは単純に補い合うということではなく、
相手に与える、という作業ができるかどうかです。

 

その練習ができるような婚活を是非して欲しいです。

 

婚活において一番難しいことは「現実の自分を受け入れること」だと思います。

 

プライベートコンサルでは、
悩みをしっかり聞かせてもらい、
何故そうなのかを納得行くように
お話しさせていただきます。

 

ページトップへ