婚活歴8年、結婚歴28年の日常|京都の結婚相談所LAZO(ラソマリッジ)
  1. HOME
  2. 代表ブログ
  3. 婚活歴8年、結婚歴28年の日常

代表ブログ

2016/03/12

婚活歴8年、結婚歴28年の日常

つながりCaféLAZO マリッジアドバイザーの矢野嘉子です。

 
 
 
 
 私、緑内障なんです
 でも早く見つかったので、ちゃんと検査と治療をしていたら、失明することないそうです。
 
 
 先日の3ヶ月に一度の検診の時、先生に「夜の運転見にくくないですか?」と聞かれたので、「そうですね… 見にくいなと感じる時もあります。」と答えました。
 
 
 「じゃ、夜はあまりしない方が安心ですね。」と先生は言われました。
 
 
 
 私は朝6時半と夜11時前後に駅まで、主人の会社への送り迎えをしています。
 
 
 はい、土日以外は徒歩12、3分の駅までの道を毎日です。
 
 
 ”朝早く出かけて夜遅く帰って来る ” ハンコをついたように” よく働かれます。
 
 
 はい、送り迎えもすることも真面目にお勤めされてるので、感謝こそしても文句は言いません。
 
 
 息子二人とも社会人で別居してるので、別にこの時間の送り迎えも不可能ではありません。
 
 
 
 その診察があった日も、いつものように11時6分着の主人を迎えに行きました。
 
 
 その晩、眼科の先生に言われてことを思い出したら、何かしらいつもより運転しにくく感じました。
 
 
 帰ってきた主人に、「私、今日診察で、見にくかったらあまり夜は運転しない方がいいって言われたわ。」と言いました。
 
 
 まあ優しい方なので「じゃ、あまりしたらあかんやん。」とちょっと心配そうに言いました。
 
 
 
 
 私は次の言葉を期待してたんです。
 
「別に歩けない距離でもないし、じゃもう明日から歩いて帰るから夜は運転せんとき!」って…
 
 
 
 でも主人は「あまり運転したらあかんな」の後は、自分のゴルフへ行く予定を嬉しそうに語っておられました… 
 
 
 
 明日になったら10時過ぎにまた「11時6分着、来れますか?」ってメールが来るんです。
 
 
 
 私は ”来れますか? じゃなくて来てくださいって言ったらいいのに!” っていつも思っていましたが、もう慣れました。
 
 
 
 
 皆さん、何か遠慮するところが違うような気がしません?
 
 
 
 この話、LAZOのメンバーは私達夫婦を熟知してるので、笑って読むでしょう
 
 
 
 
    ”何十年一緒にいるってどういうことなんだろう?”
 
 
私の大好きなアーティストの歌の言葉です!
 
 
 
ごめんなさい
私の取り留めもない日常でした。
 
 
 
 
 「婚活8年で出会った旦那様」 大切にしてます 

ページトップへ